2014年 04月 21日

<Episode #25> Railroad River or Oyster River

f0317993_2253341.jpg



まるで毎年の恒例行事のように、今年も友人達と北海道の極東の地を流れる本流に足を運んでみた。
2本の平行に走るローカル線の線路の下に敷かれた枕木の数々。
それは見渡す限りどこまでも果てしなく延々と並べられているかのようであった。
それにしても木製の枕木というのはコンクリート製の枕木とは違って、色、ひび割れ具合、
それに表面に鋭利な物で刻まれた何かしらの数字といい、どれひとつをとってもそれぞれが個性的で
決して同じ物はなかったように思う。
もちろん枕木としての本来の機能は別としてではあるが・・・。
もしかしたらここ、極東の本流で出合うアメマスにも同じことが言えるのかもしれない。
サイズはともかく、体に少し傷のあるアメマスだったり、上顎の少しへこんだワイルドな表情のアメマスだったり、
背中の色も茶色や少しグリーン、それにアメマスに特徴的な白い斑点の数や大きさも、よ~く見るとそれぞれが個性的で、
僕なんかにいたっては、ついつい釣りの方に夢中になってしまうけれど、もしかしたらそんなアメマスとの出合いは、
やっぱり一期一会なのかもしれないと思ってしまう。


f0317993_2363134.jpg



泥炭地のタンニンが染み出した、まるで濃く入れ過ぎた紅茶のような色合いの本流は、今年も緩やかに流れていた。
少し濁っているのかなと思ったけれど、ブーツの先が薄っすらと見えるぐらいだから、それほどでもなかったようだ。
そんな極東の本流で、どこかワイルドな雰囲気を漂わせるクチグロのアメマスは、今年もやはり顕在だったように思う。
アメマス達のパワフルさはリールが奏でる心地よい音色とともに、僕が手にしたMKSをグイグイとバットから曲げていった。


f0317993_23203568.jpg



風はとにかく強くて、土曜日にはそんな強風に雪すらも混ざり、体感温度もみるみると下がっていった。
今年は例年よりも残雪の量が少し多いのかもしれない。
そのせいかフキノトウも存在感を主張するには、まだまだそのサイズが小さかったように思う。
極東の地では、春の訪れにもう少し時間を要するのかもしれない。


f0317993_23335017.jpg



ラインはスカジットコンパクト・インターにクリアーのType1、15フィートのティップの組み合わせ。
スカジットコンパクト・フローティングにType3、15フィートのティップの組み合わせも用意したけれど、結局最後まで使わなかった。
岸際を懸命に泳ぐシラウオの群れを僕は初めて見かけたけれど、次回は浅瀬に鳥山も出始めていよいよ鮭稚魚なのかもしれない。
今回は年甲斐も無く、寝不足にもかかわらずすっかり釣りの方に夢中になってしまって、体の方はなんだか疲労困憊気味。
さてさて、次回はもう少し体力のことも考えながらパワフルなアメマスとの出合いを楽しもうかなと・・・笑。


f0317993_23445471.jpg


Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-04-21 23:54 | Fishing Reports | Comments(8)
Commented by パジェミニ at 2014-04-22 04:54 x
先日はお疲れ様でした。去年とはどこか違う雰囲気に見え、話しかけるのに少し躊躇してしまいましたf^_^;
土曜日僕が場所を移したあとは、どうでしたか??僕は異動先ではさっぱりダメでした(笑)シラウオが泳いでたということは、白っぽいフライが良かったのですかねぇ?今年は、北の本流にも通おうと思いますのでよろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by andieloop at 2014-04-22 07:28
Yunさん、おはようございます。
遠路はるばるお疲れ様でした。私も土日をこのフィールドで過ごし、日曜日には「おそらくYunさん」と思われる方が私の後ろを通りかかりましたが、「違ってたらどうしよう、SIMMSのオレンジジャケットを着た他の人かも・・・。しかも体格もガッシリしてるし・・・」とモジモジしているうちに迷いの欠片も無い足取りでズンズンと歩き去ってしまいました。
ご挨拶は、この次にさせていただきます。もう、人違いだったとしてもイイや(笑)。
今のところ、このフィールドに対するモチベーションが少し回復しましたが、また来週訪れることになったら、Yunさんお気に入りの箇所の様子も見てみたいと思います。Yunさんが見たシラウオの群れも是非見てみたいです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-04-22 20:40
パジェミニさん、こんばんは。
こちこそ、先日はお疲れ様でした。パジェミニさんにお会いするのは1年ぶりでしょうか。
声を掛けていただくまで気付かず、申し訳ありませんでした。
それにしても、パジェミニさんは早朝からグッドサイズのアメマスに出合われていましたね。
あの後もポツポツとですが釣れ続けていましたよ。
白っぽいフライも悪くは無かったですが、飽きられやすいので、いろんなカラーのフライを試していました。
ちなみに、初日のベストサイズはピンクブルーのイントルーダーを結んだ時でした。
Commented by slowfishing-yun at 2014-04-22 20:51
andieloopさん、こんばんは。
週末は、どうもニアミスしていたようですね。今度は是非お話出来るのを楽しみにしております。
スイマセン。最近は好きなタバコをちょっと休んでいるので、食欲がすっかり増してしまい、
何だかいつの間にか体重が5kgほど増えてしまいました(笑)。
以前フライにシラウオが引っかかったことが何度かありましたが、
私もシラウオが実際に泳いでいるのを初めて見ました。
やっぱりアメマス達にとっては鮭稚魚のような存在なのでしょうかね。
Commented by Kaneyasu at 2014-04-22 21:33 x
先日はお疲れ様でした。
皆んながワイワイ楽しみながら釣りが出来る貴重なフィールドですね(^^) 改めてそう感じました。
今年は「ガタイいいキャラ」定着しそうですね(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2014-04-22 22:33
Kaneyasuさん、こんばんは。
こちらこそ、週末はお疲れ様でした。
仰るように十勝川や知床に続き、それなりの人数で楽しめるポイントなのかもしれませんね。
釣りもそうですが、夜の宴会の部も楽しくって、今回もしっかり飲み過ぎてしまいましたし・・・笑。
確かにフィールドは釣り人で賑わっていますが、
何となくピリピリしていない雰囲気が良いのかもしれませんね。
アハハ。何となく体格の良いイメージが定着してしまいそうです。ただ体重が増えて、ポッコリお腹になっただけなんですが・・・笑。
Commented by yusuke at 2014-04-22 23:25 x
Yunさんこんばんは。
先日はありがとうございました。
ご一緒できてとても楽しかったです。
自分は所要が重なり今季は1回だけなので来年まで行けませんが、鮭稚魚でいいのが釣れるといいですね。
またよろしくおねがいします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-04-23 18:48
yusukeさん、こんばんは。
こちらこそ、週末はお疲れ様でした。今回もご一緒出来て、楽しかったですよ。
日曜日はちょっと寝不足で、おまけに何だか二日酔い気味でしたが、
私と違ってyusukeさんはちょっと気合が入っていましたね(笑)。
次回は鮭稚魚のタイミングになるかと思いますが、もう少しペース配分を考えながら、
楽しめればなと思っています。


<< <Episode #26...      <Episode #24... >>