2014年 03月 17日

<Episode #17> アメマスの大きな背びれとT-17

f0317993_21493273.jpg



脇で支えたお気に入りのMKS、6/7番が、ティップからバットのロッド全体に渡って、いきなり大きくバイブレーションし始める。
どうやら、速い流れの中でステイする僕が巻いたコーンヘッド仕様のイントルーダーを、アメマスがテイクしてくれたようだ。
540grのスカジット・コンパクト・インターを巻き込んだカスカペディアから、
僕は久しぶりに甲高い逆回転音を聴いたような気がする。
ちなみにティップは自作の3m(10フィート)のT-17。おそらく印象的には、4.5m(15フィート)でも問題なくキャスト出来ると思う。
でも、これだけ重たいティップをしっかりと沈めたいと思うフィールド・コンディションに今後、僕が遭遇するかどうかは別として・・・。


f0317993_21584558.jpg


f0317993_229536.jpg



風の強い数日が過ぎ、低気圧の影響で道東にしては珍しく、少し雪も積もったのだろうか。
2週間ぶりに訪れる十勝川は、風の穏やかなフィールド・コンディションだったけれど、
視覚的には、ちょっと冬に逆戻りしたかのような印象だ。
それでも淡いベールのすき間から差し込む日差しの眩しさに、僕は一瞬クラっとめまいのようなものまで感じたりする。


f0317993_22114111.jpg


f0317993_2211557.jpg



ニットのソックス2枚重ねに、さらにネオプレーンのソックス。
確かにこれだけの枚数のソックスを足に履き、ネオプレーン・ウェーダーのブーツの中に足を通すと、
まだブーツが新しいということもあるのだろうけれど、やはり僕両足は、その窮屈さで次第に悲鳴を上げ始めた。
その辺りの微調整は、ソックスの枚数を減らすことで取り敢えず解消。
新しいウェーダーの履き心地は、なかなか満足のいくものだったけれど、本格的に僕の身体が馴染むのには、
どんなウェーダーの場合もそうだけれど、もう少し時間は掛かるかもしれない。
そんなことを考えていると、脇に挟んだアトランティック・サーモンSH、S3/S4を巻き込んだST.JOHNから、
ズゥンという鈍重な衝撃と共に、心地よいスクリーミング・サウンドが響いてきた。


f0317993_22284919.jpg


f0317993_2229387.jpg



最後に僕が出合ったのはコンディションの良い、存在感と重量感にたっぷりと溢れたアメマスだった。
それに大きな背びれが、なかなか印象的なアメマスだったりする。
フォーセップでフックを外し、アメマスがゆっくりと流れの色に溶け込んでいくのを見届けた。
空を見上げると、頭上を白鳥の群れが羽音を響かせながらゆっくりと飛び去っていった。
春が少しずつではあるけれど、確実に近づきつつあった。 
                                             1.79→1.71→1.86


f0317993_22393569.jpg



Today's BGM :






[PR]

by slowfishing-yun | 2014-03-17 22:55 | Fishing Reports | Comments(10)
Commented by andieloop at 2014-03-18 20:12
Yunさん、こんばんは!
見事なアメマスですね。最後の写真の魚の各ヒレの大きさにビックリです。特に尾ビレがスゴイ!
ところで、アメマスがフライをテイクしたシグナルとしては、「グワングワン」と始まるものと「ゴン!」とダイレクトに来るものと大まかに2通りあると思います。スカジットヘッド+ティップの場合は何故か前者が大多数だと感じる今日この頃です、Yunさんは如何ですか?
これはスカジットシステム特有の事象なのでしょうか?それともアメマス特有のものなのでしょうか?本流ニジマスのときは如何ですか?
ネオプレーンのソックス・・・断熱効果がありそうですね。確かホーマックに売っていたので、マネさせてイタダキマス。
Commented at 2014-03-18 20:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-18 21:14
andieloopさん、こんばんは。
日曜日はさっぱりでしたが、土曜日に何とかアメマスの姿を目にすることが出来ました。
春のアメマスとしてはコンディションが良かったと思います。
なかなか難しい質問ですね。さすがに水の中の流れは予想以上に複雑で、さらに表層ならともかく、
水中となると視認も出来ないので、なかなか解析や分析しにくいものがあるように思います。
今回もスカジットとフルシンクのスカンジを使い分けましたが、どちらもシグナルは「グワングワン」でした。
今のところ、システムによって違いは無いと思っていますが・・・。
個人的にはトラウトがフライをテイクした時の、ラインの形状に関係性があるような気がしていいますが、どうなのでしょうかね。
ネオプレーンのソックス、私は愛用しています。
友人の中には、ホーマックで買ったネオプレーンのソックスを愛用している友人もいますよ。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-18 21:17
鍵コメのandieloopさん、
素敵なフィールド情報、ありがとうございます。今年は例年よりもちょっと早いかもしれませんね。
おそらく鮭稚魚の降海時期に合わせて足を運んでみると思います。
タイミングが合えば、フィールドでお会い出来ると良いですね。
Commented by やすこう at 2014-03-19 20:30 x
寒々とした風景ですが、釣のほうは、いい感じですね!
十勝の下流の方でしょうか?
T-17って、どん深な感じで根掛りしそうですね・・・・でも、なんだか、底を探るには効果がありそうですね。
来月末のアメマスは、いまから、期待で胸が膨らんでいますwww
では、お疲れ様でした。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-19 20:55
やすこうさん、こんばんは。
寒そうな風景ですが、これでも少しずつ春へと近づくにつれ、暖かくなってきているようです。
そうですね。水位が潮の干満の影響をダイレクトに受けるので、かなり河口に近いエリアですよ。
魚の写真が多いと何となくたくさん釣れたような雰囲気ですが、これが意外と厳しかったりします(笑)。
友人達とも、アメマス釣りってこんなに難しかったかなぁ・・・と笑っていました。
そうでしたね。来月末は、こちらこそ、宜しくお願いいたします。
Commented by コム@USA at 2014-03-22 06:04 x
yunさん、おはようございます。
10ftのT17、興味あります。 本州だと桜鱒や手取のサーモンにも使えそうですし、ボクも作ってみようかなぁ。
それにしても素晴らしいアメマス、本当に羨ましいです。 嗚呼、羨ましい・・・
Commented at 2014-03-23 13:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-23 16:21
コムさん、こんにちは。
ロッドはマイザーの14フィート、#6/7番、MKSでしたが、T-17でも15フィートぐらいまでなら、
問題なくキャストできるように思われました。
このアメマスは、とってもコンディションが良かったですよ。
十勝川の下流域では珍しく、流れの速いポイントだったので、やり取りは結構スリリングでした。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-23 16:24
鍵コメのyanbaidesuさん、こんにちは。
北米の本流は、やはりスケールが違いますか。
残すところ2日間、何とかウィンタースティールに出合えると良いですね。


<< <Episode #18...      <Episode #16... >>