2014年 03月 12日

<Episode #16> Rearth ネオプレーンウェーダー

f0317993_2165761.jpg



かれこれ20年近く北海道のフィールドで釣りを続けてきて、いろんなメーカーのネオプレーンウェーダーを愛用してきたけれど、
ここ最近、僕が愛用するネオプレーンウェーダーはブーツタイプもストッキングタイプも、ずっとmont-bell(モンベル)社製だった。
価格も魅力的だったし、使用感も決して悪くは無かったけれど、ブーツタイプのウェーダーの方は、
ずい分と前から股付近のジワジワとした浸水が続いていて、毎回僕のユニクロ社製のインナーパンツはお漏らし状態。
ウェーダーを脱ぐたびに、ちょっと恥ずかしい思いをしただろうか。
ちなみにこの症状は、決して僕だけの症状ではなかったりする(笑)。
これまでも、何度か浸水箇所を発見しようとトライはしてみたものの、結局浸水箇所は見つからず、
昨年末に買った新しいモンベル社製のネオプレーンウェーダーも、やはりお約束通りというか、全く同じ症状が現れたりした。


f0317993_21111648.jpg



今シーズンに入り、2月末の十勝川でも股の辺りからジワジワと浸水。
そんな訳で、僕もとうとう「ネオプレーンウェーダーはモンベル派」から退会ということに・・・笑。
そこで、akiranさんのお勧めもあって、石巻市にあるMOBBY DIC(モビーディック)社Rearth(リアス)シリーズの
ルーラーというネオプレーンウェーダーを購入することにした。
ちなみに、このウェーダーは4mm厚のネオプレーンにフェルトピンブーツ仕様。


f0317993_21443963.jpg



僕が選んだカラーはFGNとあったから、おそらくフォレストグリーンの略だろうか。
他のカラーには、ベージュ、ブラウンの2色があるとのこと。
SIMMS社のオレンジ色のガイドジャケットとの色のコンビネーションも、何だか僕的には結構好みだったりして・・・笑。


f0317993_21523697.jpg



届いたウェーダーを自宅で試着してみたけれど、フィット感は申し分なかった。
印象的だったのは、ふくらはぎ周辺の裁断の手法が、ストレートではなくカーブを描くなど、かなり独特だったこと。
これまで僕が履いて来た数社のウェーダーのデザインとは、どれとも異なるデザインというか裁断だっただろうか。

ウェーダーの内側にもネオプレーン製のインナーポケットがあり、これは確かに使い勝手が良くて便利そうに思う。
それに落下防止のストラップも、非常に重宝するかもしれない。
でも経験的に僕が抱いた不安は、使用頻度が高くなるにつれて、インナーポケットのネオプレーンが劣化したり、
グローブをしたままポケットから出し入れしていると、ネオプレーンの生地が伸びて引きちぎれたりするんじゃないかということと、
ポケットの入り口を留めるマジックテープが何度も開閉していると、壊れたり、剥がれるんじゃないかという不安ぐらいだろうか。

そんな不安はさておき、取り敢えずフィールドで使用してみることが楽しみなネオプレーンウェーダーなのは確かなこと。
ちなみに、この新しいウェーダーのフィールドデビューは、今週末の十勝川かな(笑)。


f0317993_227521.jpg



Today's BGM :

)

)

)
[PR]

by slowfishing-yun | 2014-03-12 22:25 | Slow Fishing | Comments(6)
Commented at 2014-03-13 21:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akiranspey at 2014-03-13 22:04
YUNさん、こんばんは。無事届きまして何よりです。
縫製の精度と履き心地は素晴らしいものかと思いますので
ガンガン使ってみてください。来週お会いできるのを楽しみにしております^^
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-14 22:34
鍵コメのやすこうさん、こんばんは。
モンベルは雪が融けて外の水が使えるようになったら、水漏れ箇所の処置後に、
もしものためのスペアにまわそうと思っています(笑)。
新しいウェーダーは、なかなか良い感じですよ。あとは耐久性でしょうか。
4月後半の件は、了解しました。予定としては、おそらく別寒辺牛でしょうかね。
でも、さすがに平日は休めませんよ(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-14 22:40
akiranさん、こんばんは。
このウェーダー、ご紹介して下さり、ありがとうございました。
なかなか履き心地も良い感じです。
唯一心配なのは耐久性でしょうか。結構フィールドではヤブの中を歩きますからね。
これまでのウェーダーも枝が刺さったりして、結構穴が開いてしまいました。もちろん自分で修理しますが・・・笑。
取り敢えず、ハードに使ってみることにします。
Commented at 2014-03-15 16:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-03-17 23:09
鍵コメのatsu-fishingstoryさん、こんばんは。
こちらこそ、はじめまして。コメント、ありがとうございました。
モンベルのネオプレーン・ウェーダー、愛用されているんですね。
私の周りでも一番着用頻度が高いネオプレーン・ウェーダーです。
なるほど、発汗の可能性もあるかもしれませんね。モンベルのブーツタイプのウェーダーは2本目ですが、
3年ほど履き続けた1本目のウェーダーは、特に問題はないまま経過し、
2年目後半辺りから股付近のジワジワとした浸水が見られましたので、
経年劣化の可能性というのもあるのかもしれません。なにしろシーズンの半分はネオプレーンウェーダーですので、
かなりの使用頻度だったと思います。個人的には縫い目やシーム周辺かなと思っているのですが、なかなか場所が特定できなくって・・・。


<< <Episode #17...      <Episode #15... >>